Pretty体験談No.001

PrettyWoman

Pretty体験談

【No.001 大学生から夢のモデルへ!】

毎日大学に通い、将来はモデルを目指しています。

サークルや、友達の飲み会などによく行くのですが、年上の男性との出会いが殆ど無く視野を広げる機会がまったくありませんでした。

モデルを目指すからには事務所の数少ない仕事をこなしてもまったく進展があるようにも思えなく、たまたま家でぼーっとサイトを巡回していたら交際クラブや、デートクラブというキーワードが目に付き調べていたら、ここなら自分の世界観を広げられるのではないかと。

恐る恐るメールで問合せをしてみたところ、面接ということで、行動しなければ変わらないと思い、とりあえず行くだけ行ってみるかなと、ダメならすぐ帰ればいいやと面接に行ってみました。

面接は優しく対応をしてくれて楽しく1時間ほどで終わりました。

終わった数日後、本登録というメール通知が来ましたが、1週間経っても連絡もなにもなくまったく実感がわきませんでした。

ただ情報をこちらが渡しただけかと心配になっていたところ、交際クラブから一通のメールが・・・

その内容に男性が私を気に入ってくれて会いたいと。

初めての体験の為、緊張しながら指定場所に行くと明らかに良いスーツを着こなした男性が待っていました。

そこには交際クラブのコンシェルジュも待っていて本当に出会えたと安心をしました。

そのあと男性と2人で行ったこともないような食事についれていかれ、VIP席に通されました。

男性も緊張していたのかな?男性もデートクラブに登録し初めての様子で、お酒を飲むペースが早かったので失礼かとも思いましたが、少し突っ込んで相手のお仕事の内容とかを聞いてみると、色々お話を聞かせてもらい、今まで私が出会った男性達とは別世界で生きている方だと、私の知らない世界がそこには広がっていました。

その日はお食事だけで終わり、その時は交通費として1万円も頂けました。

その後、何回かその男性からお誘いがあり、その方は事前に私がモデルをやっていることを知っていましたが何もその話には触れずモデルはあまり興味がない様子でした。

ある日パーティーに誘われたのですが、用事が入っていてその日は断ったのですが、「どうにかしてきて欲しいと」と。

あまり強引な方ではなかったので、そこまで言われたので入っていた用事をキャンセルし、都内の有名ホテルの場所に足を向けました。

そこにはさらなる別世界があり、話を聞いているだけで自分もお金持ちになったんじゃないかと錯覚するぐらいでした。

周りには誰も知らない人たちで、呼んでくれた方が忙しく話していたので、一人でお料理を食べながら雰囲気を楽しんでいたところ、呼ばれてその方の横に行ってみると、そこには芸能関係の人がいて、お話をお聞きしモデルの仕事のチャンスをくれました。

小さな仕事かもしれませんが私にとっては、大きな道を広げてくれました。

それからモデルのお仕事も少しずつ増えていますが、その男性とはそれ以来連絡もなく会っていません。

ですが、そのパーティーの最後の一言「がんばれよ」という言葉をくれたことに今でも忘れません。

私が入った交際クラブさんには色々と相談もし、お世話になりました。

仮申込み・お問合せはこちら